MENU

三遠ネオフェニックス

SAN-EN
NEOPHOENIX

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【世界のSAN-ENへ】アカデミー新体制のお知らせ

【世界のSAN-ENへ】アカデミー新体制のお知らせ

いつも熱いご声援をありがとうございます。

このたび三遠ネオフェニックス アカデミーでは、SAN-ENの3本柱である「強化・ 共育・地域」の「共育」の具体的な取り組みとして、3名の指導者の就任が決定しましたのでお知らせいたします。

未来の三遠ネオフェニックスは、世界で活躍できる選手を輩出するために、トップを経験した3名の指導者がバスケットボールに打ち込む子供たちに心技体を教えます。
企業理念「100年さきの笑顔のために」の実現を目指し、第一のアクション「強化」のハーバード大学とのスポーツアナリティクス パートナーシップ提携に続き、 第二のアクションとしてぜひご期待ください!

目的

 

指導者のコメント

アカデミー本部 部長 小畑 亜章子(おばた あきこ)

アカデミー本部 部長を拝命しました、小畑 亜章子です。このような大役を仰せつかり、責任の重さに身の引き締まる思いです。
私は、筑波大学大学院で学んだ後、2014年から2019年まで三遠ネオフェニックスが運営するバスケットボールスクール「ファイブスターバスケットボールプログラム(現バスケットボールスクール)」でスクール講師として経験を深めるなど、ご縁をいただいております。
今回、改めて、指導者および選手の発掘や育成はとても重要であると感じております。
微力ではありますが、三遠ネオフェニックスと三遠地域の子供たちのために、尽力してまいりたいと思います。よろしくお願いいたします。

小畑 亜章子 略歴

氏名(生年月日) 小畑 亜章子
(おばた あきこ)
(1981年10月27日/40歳)
学歴 筑波大学大学院
競技歴 2000-2012 デンソーアイリス
指導歴 2014-2019 三遠ネオフェニックス アカデミーコーチ
2019-2021 デンソーアイリス アシスタントコーチ
2020    東京オリンピック3x3 サポートコーチ(5位)
2022    U17バスケットボールワールドカップ2022 アシスタントコーチ(8位)
活動内容 スクールの拡大とユース強化、講師リクルート、大会への参加、練習試合等の企画、U12・15女子クラスの指導、U15・U18男子チームのサポート指導、スクールイベントでの指導

 

 

ユースチームアドバイザー 松藤 貴秋(まつふじ たかあき)

ユースチームアドバイザーを拝命しました、松藤 貴秋です。このような大役を仰せつかり、重責を感じております。
今回、ユースチームアドバイザー就任を決断した2つの理由について説明します。
まず、フェニックスは私が大学生の頃からお世話になっていたチームであるということです。毎週、練習ゲームで胸をお借りし、良い成績を残すことができました。
また、私の弟である松藤 光生もフェニックスでプレーする機会をいただきました。
この経験は私の財産となり、指導者となった今も私の中で生きています。
次に、大野ヘッドコーチの存在です。大野ヘッドコーチは高校時代の先輩であり、私の実力では二度と同じチームで関わることができないと思っていたほど圧倒的な実力を持つ選手でした。選手引退後もJBLやBリーグでコーチとして活躍されている姿を見て、別世界に生きる方のように感じる一方、勇気づけられ、どこか誇りに感じることもありました。この度、大野ヘッドコーチと再び同じチームで活動できることが嬉しい反面、責任の重さに身の引き締まる思いです。
このような経緯から微力ではありますが、三遠ネオフェニックスそして三遠地域の子供たちのために恩返しができるよう精進いたします。よろしくお願いいたします。

松藤 貴秋 略歴

氏名(生年月日) 松藤 貴秋
(まつふじ たかあき)
(1979年4月18日/43歳)
学歴 中京大学/順天堂大学大学院
競技歴 2002-2005 埼玉ブロンコス
2005-2008 豊田通商ファイティングイーグルス
指導歴 2008-   中京大学体育会バスケットボール部 ヘッドコーチ
2014-2017 東海学生選抜 ヘッドコーチ
2019-   バスケットボール日本代表U22 アシスタントコーチ
2021-   バスケットボール日本代表U22 チームリーダー
解説歴 2016- B.LEAGUE
活動内容 U15・U18の練習とトレーニングへのアドバイス、U15・U18トレーナーと連携し体調把握、トップチームHCと連携し、U15・U18の練習視察を計画、U15・U18の進路相談

 

 

バスケットボールスペシャリスト 江﨑 悟(えざき さとし)

バスケットボールスペシャリストという、新しく画期的な立場に就任いたしました、江﨑 悟です。
17年間の桜丘高等学校バスケットボール部監督在任中は、全国大会に15回出場し準優勝1回や第3位入賞2回などと、地域を代表するチームを育成してきました。しかしながら、桜丘高等学校の強化しかやってこなかったということを実感しております。
牛尾社長の「バスケットボールを通じて夢と感動を創造し、全てのステークホルダーに笑顔になっていただくこと」を具現化するために、私はバスケットボールスペシャリストとして、地域にある100以上のチーム(ミニ、ジュニア、中体連、高体連の男女)全ての指導者や選手に対して、練習場所に出向き、かかりつけ医のように寄り添い・悩み・疑問や気持ちを共有し、また時には相談相手となりチーム作りのお手伝いをしていきたいと思っております。
指導者や子供たちとの関係性を深め、三遠ネオフェニックスとの絆を育んでいきたい。そして指導者や子供たちが心から応援したいと思っていただける三遠ネオフェニックスになるために、微力ながら後方支援する決意です。よろしくお願いいたします。

江﨑 悟 略歴

氏名(生年月日) 江﨑 悟
(えざき さとし)
(1961年2月7日/61歳)
学歴 福岡教育大学
指導歴 1983-1990 福岡教育大学 コーチ
1990-1993 三菱電機コアラーズ アシスタントコーチ
1993-1999 東京三菱銀行ゴールデンイーグルス ヘッドコーチ
1999-2004 三菱電機コアラーズ コーチ
2005-2022 桜丘高校 監督
活動内容 三遠地域のミニバス、中学部活、ジュニア、高校、全カテゴリーの男女のチームに対しての指導、及び指導者へのアドバイス

 

RELATED

関連ニュース