MENU

三遠ネオフェニックス

SAN-EN
NEOPHOENIX

MENU
HOME > ホームタウン活動 > 「届け、バスケ!supported by 日本郵便」贈呈式実施のお知らせ

「届け、バスケ!supported by 日本郵便」贈呈式実施のお知らせ

いつも熱いご声援をありがとうございます。

このたび三遠ネオフェニックスは、BリーグがB.LEAGUE Hope活動の一環として、リーグパートナーである日本郵便株式会社とともに取り組んでいるプロジェクト「届け、バスケ! supported by 日本郵便」に参画し、本プロジェクトの一環として、豊橋市内3ヶ所の保育園にバスケットゴール、バスケットボール、フラッグを贈呈し、9月7日(水)にくるみ保育園にて贈呈式を開催いたしましたことをご報告いたします。

三遠ネオフェニックスでは、今後も「100年さきの笑顔のために」地域の皆さまと共に活動し、未来へボールをつないで参ります。  

 

「届け、バスケ! supported by 日本郵便」とは

B.LEAGUEが取り組む社会的責任活動「B.Hope」の一環としてB.LEAGUEパートナーの日本郵便株式会社と共に実施しており、コロナ禍により、子どもたちの運動不足と、それに伴う怪我の増加が全国的に社会課題になっていることから、全国の子どもたちへバスケットゴール・ボールをプレゼントすることで、スポーツの重要性を感じるとともに楽しさを体験してもらい、子どもたちの健やかな成長の支援を目指すプロジェクトです。

 

贈呈先

・くるみ保育園(愛知県豊橋市松葉町3丁目8-3)
・杉山保育園(愛知県豊橋市杉山町御園1-4)
・野依保育園(愛知県豊橋市野依町八幡2-19)
 

当日の様子(くるみ保育園)

2022年9月7日(水)にくるみ保育園にて、贈呈式を行いました。
三遠ネオフェニックスより鹿毛 誠一郎 SAN-ENアンバサダーと公式マスコット ダンカー、日本郵便株式会社さまより執行役員 東海支社長 中井 克紀さま、そして日本郵便のキャラクター「ぽすくま」が参加しました。
ぽすくまが付いているバスケットゴールが登場すると、子どもたちは大喜び! 贈呈されたバスケットゴールとボールを使ってシュートに挑戦し、バスケットボールを楽しんでくれました。
また、贈呈式の最後には子どもたちからお礼のお手紙をいただきました!
手書きのお手紙をもらい、ダンカーも嬉しそうでした。

 
 

 

 

当日の様子(杉山保育園)

 

 

当日の様子(野依保育園)

 

 

「B.LEAGUE Hope」について

 

「スポーツの力」に対する社会・地域からの期待に応え続けるためにも、「スポーツエンターテイメントの革新」のみならず、「Social Innovationの実現」を目指し、ステークホルダーとともにさまざまな社会的責任活動を「B.LEAGUE Hope」と称し、推進していきます。

▼B.LEAGUE Hope
https://www.bleague.jp/b-hope/

 

SDGs推進プロジェクト 「PHOENIX Hope」について

 

「PHOENIX Hope」は、「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に向けた取組みを推進するためのプロジェクトです。
国連で採択されたSDGsに則りアクションを起こす「B.LEAGUE Hope」と連携しつつ、より地域課題にフォーカスした活動として、大小様々な問題に向き合います。

▼三遠ネオフェニックス 「PHOENIX Hope」
https://www.neophoenix.jp/hometown/detail/id=14920