MENU

三遠ネオフェニックス

SAN-EN
NEOPHOENIX

MENU
HOME > レポート > 【試合結果】1/18(水)B.LEAGUE 2022-23 B1リーグ戦 第18節 三遠 102-92 富山

【試合結果】1/18(水)B.LEAGUE 2022-23 B1リーグ戦 第18節 三遠 102-92 富山

B.LEAGUE 2022-23 B1リーグ戦 第18節
三遠ネオフェニックス vs. 富山グラウジーズ

 

日時

2023年1月18日(水)19:05試合開始

 

会場

豊橋市総合体育館

 

試合結果

TEAM 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
三遠 28 28 27 19 102
富山 21 23 23 25 92
 

スターティング5

三遠ネオフェニックス 富山グラウジーズ
#0 サーディ・ラベナ #0 小野 龍猛
#4 アイゼイア・ヒックス #2 飴谷 由毅
#9 カイル・オクイン #8 コーディ・デンプス
#24 佐々木 隆成 #16 松井 啓十郎
#29 細川 一輝 #34 ジョシュア・スミス 

主なスタッツ

#9 カイル・オクイン 24PTS 13RBD 7AS 1BS
#0 サーディ・ラベナ 16PTS 5RBD 9AS 1ST
#24 佐々木 隆成 14PTS 1RBD 9AS
#14 金丸 晃輔 13PTS
#41 ダニエル・ギデンズ 11PTS 5RBD 1BS
 

ハイライト

   

大野 篤史ヘッドコーチ コメント



Q:ファールが出だしから多くありましたが、ミスコミュニケーションと仰っていたのはそのあたりでしょうか?
A:スイッチミスだったり、ウィークサイドのカッティングのところはボールウォッチしてしまって、自分の間合いを外してしまっている。
それでカッティングで点数を取られたり、ファウルがかさんで相手にフリースローを与えてしまったところが課題だと思っています。
ただ、一貫性を持ってディフェンスをやろうという意識はありました。
そこは非常に評価できると思っています。
下がってディフェンスをしてファウルをしないのではなく、プレッシャーをしっかり与えながらファウルをしない基準をまず見つけないといけないと、選手たちには話しました。
その基準に合わせながら、自分のディフェンスの激しさを作っていこうねと。
多くの失点はしましたが、やろうという姿勢が見られたのでここからかなと思っています。

 

#32 山内 盛久選手コメント



内容はともかく、まず勝てたことはチームにとってプラスだと思います。

Q:「内容はともかく」という部分は、やはりディフェンスの部分になるのでしょうか?
A:そうですね。
92点の失点はやはり取られすぎだと思うので、満足できるような結果ではありません。
ですが、ゲームの入りだったり、ディフェンスの強度は前節よりもチームとして上がってきているのは感じ取れています。
強度を上げるのは、練習というよりも気持ちの部分のところになってくると思うので、常に1人1人が意識するものだとチームに伝えながらやっていきたいと思っています。

Q:次節の古巣であるSR渋谷戦に向けて、みなぎるものはものはありますか?
A:SR渋谷さんも何が何でも勝ちたいという思いは強いと思いますので、その思いに対して自分たちは受け身にならず、それ以上のエナジーと覚悟を持って、気を引き締めて戦わないといけないと思っています。

 

#14 金丸 晃輔選手コメント



今日の試合の入りは良かったのですが、全体を通して見ると92点の失点は取られすぎたかなという印象です。

Q:今シーズンはディフェンスにも力を入れているように見えますが、いかがでしょう?
A:得意な方でないのですが、チームとしてディフェンスをやっている以上、1人がさぼると成立しなくなるので、できる範囲でやっています。
シュートは水物なので入らない時もありますが、ディフェンスはやるかやらないかなので、チームとしてまず第一にやらなくてはいけないことだと思います。

 

試合の写真や動画は公式SNSをチェック!

公式Twitter

公式Instagram

公式Facebookページ