MENU

三遠ネオフェニックス

SAN-EN NEOPHOENIX

MENU
HOME > レポート > 【試合結果】11/10(水)B.LEAGUE 2021-22 B1リーグ戦 第7節 三遠 79-92 信州

【試合結果】11/10(水)B.LEAGUE 2021-22 B1リーグ戦 第7節 三遠 79-92 信州

B.LEAGUE 2021-22 B1リーグ戦 第7節
三遠ネオフェニックス vs. 信州ブレイブウォリアーズ

日時

2021年11月10日(水)19:05試合開始
 

会場

豊橋市総合体育館
 

試合結果

TEAM 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
三遠 10

25

26 18 79
信州

19

18 25 30 92
 

スターティング5

三遠ネオフェニックス 信州ブレイブウォリアーズ
#0 サーディ・ラベナ #11 熊谷 航
#4 ロバート・カーター #15 前田 怜緒
#9 杉浦 佑成 #50 ウェイン・マーシャル
#13 ジャスティン・ノックス

#55 アンソニー・マクヘンリー

#21 田渡 凌 #77 岡田 侑大

主なスタッツ

#26 津山 尚大 17PTS 1RBD 1ST
#21 田渡 凌 14PTS 1RBD 2AS
#28 津屋 一球 11PTS 1RBD 1AS
#0 サーディ・ラベナ 10PTS 5RBD 1AS 1ST 1BS
 

ハイライト

   

ヘッドコーチコメント

今日の試合は自分たちにとって、本当に大切な試合でした。
まだ#20 ハリス選手がいない状況で、自分たちのバスケットをしっかり見せられるチャンスだと思っていたので、この結果になってしまって残念です。

2つのクォーターが決め手になったと思っていて、特に第1Qでは自分たちのオフェンスがシャイになってしまって、5分経っても2点しか取れていない状況でした。
ディフェンスはそこまで酷くはなかったですが、第2Q、3Qのところでもう少しディフェンスが良くなって、機能し始めました。

第4Qは1点ビハインドから始まりましたが、そのクォーターで最終的に差が出てしまい、敗戦に繋がってしまったと思います。
自分たちのシュートを決めきれずミスショットが続いたり、ディフェンス面でも第2Q、3Qで良かった部分が継続できずに、最終Qをプレーしてしまいました。

2日空いて、週末には富山戦2試合を控えていますので、しっかり準備をして、選手たちのモチベーションもしっかり上げながらやっていきたいと思います。

 

#21 田渡 凌 選手コメント

試合の出だしに自分がスタートのポイントガードとして出ていて、かなり悪い流れを作ってしまったことが今日の敗因に繋がったと思います。
途中で挽回した時もありましたが、始まりがああいう形だとなかなかチームとしてもリズムに乗れなかったり、頑張って点差を戻してもその分エネルギーを使っているので、その後継続して頑張るのが難しいので、それをさせてしまった自分が最初にポイントガードとして未熟だったと感じています。

 

#26 津山 尚大 選手コメント

今日は勝てる試合を自分たちのミスや第4Qの場面で気持ちが切れてしまったところがあったので、それが敗因だと思います。
しっかり1つ1つ細かいところを修正できるところからしていって、最後まで全員でお互いを信じてやり切ることが大事だと思います。

★試合の写真や動画は公式SNSをチェック!

公式Twitter

公式Instagram

公式Facebookページ

 

2021-22シーズン 三遠ネオフェニックス ブースタークラブ TEAM83 Web入会受付中!

 
 
トップパートナー
OSG 株式会社アツミテック 株式会社マンダム
ダイヤモンドパートナー
宮川工機株式会社
プラチナパートナー
TOPY アツミモータース YAMAZEN 物語コーポレーション 有楽製菓 SALA 加山興業 松屋地所 株式会社 タケショウ オノコム イマダ 株式会社アクト電気 バスデイ株式会社 EGOZARU ARROWS
パートナー 一覧

ページトップへ戻る