MENU

三遠ネオフェニックス

SAN-EN NEOPHOENIX

MENU
HOME > レポート > 【試合結果】11/30(土) 第95回天皇杯 2次ラウンド男子4回戦 三遠 44-69 信州

【試合結果】11/30(土) 第95回天皇杯 2次ラウンド男子4回戦 三遠 44-69 信州

第95回天皇杯 全日本バスケットボール選手権大会 2次ラウンド男子4回戦
三遠ネオフェニックス vs. 信州ブレイブウォリアーズ

日時

2019年11月30日(土)16:30試合開始

会場

ブレックスアリーナ宇都宮

試合結果

TEAM 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
三遠ネオフェニックス 9

11

10 14 44
信州ブレイブウォリアーズ

22

9 19 19 69

スターティング5

三遠ネオフェニックス 信州ブレイブウォリアーズ
#4 寺園脩斗 #8 西山達哉
#7 ジェシー・ゴーバン #12 栗原ルイス
#11 岡田慎吾 #31 三ツ井利也
#13 西川貴之

#50 ウェイン・マーシャル

#33 カイル・バローン #55 アンソニー・マクヘンリー

オンザコート

TEAM 1Q 2Q 3Q 4Q
三遠ネオフェニックス

2

2 2 2
信州ブレイブウォリアーズ

2

2 2 2

主なスタッツ

#7 ジェシー・ゴーバン 19PTS 8RBD 2ST 2BS
#33 カイル・バローン 10PTS 12RBD 1AS 3BS

 
  
 

河内HCコメント

(総括)
とても恥ずかしい試合をしてしまいました。ここ3週間で作り上げてきたものが、何一つ出来なかった試合となってしまいました。
今日のところは戦術では無いところの話を選手には話していたのですが、コートに入る前のところで(気持ちが)負けていたのかなと思います。

 

#15 鈴木達也選手コメント

(総括)
まず結果としてB2のチームに負けてしまったことが非常に残念です。相手の方がハードにプレーしていたと思いますし、出だしのところで少し流れを作られてしまったかなと思います。
僕は久々に試合に出たんですけど、コートの中でうまくいかないことが多くて。怪我をしていて外から見ている時は、中で何が起きているかは分からなかったんですけど、実際に中に入ってみて、何をすれば良いのか。(コーチ陣の)戦術はしっかりとあるので、それを遂行する前にもっと個々が責任を果たさなくちゃいけない。戦術をしっかりと活かすために、自分たちがそれぞれの仕事をしなくちゃいけない。まずそれを感じました。選手一人一人が自覚をもって、責任を果たすことが重要だと思います。

(次週からリーグ戦が再開しますが)
川嶋選手がどうなるかは分からないですけど、恐らく来週はこのメンバーで戦うので。もしこのメンバーで行った時には、今日と同じ失敗を繰り返さないようにするだけです。やれる事っていうのは、本当にハードワークをする事を忘れてはいけないと思うので。今日はそれが出せなかったので。上手くいかなかった時にみんなが一致団結して、っていうのが今出来ていないのかなと僕は今日コートに出て感じました。外で見ているのと、コートでやるのは全然違うなと今日感じました。

(自身としては初出場となりましたがコンディションは?)
まだ痛みがあるので全力でプレーすることは出来ないですけど、方針としてはコンディションを上げながらやっていく方針なので、そこは言い訳にしないで。コーチ陣も信頼して使ってくれているので。早く100%になることを。    

★試合の写真や動画は公式SNSをチェック!

公式Facebookページ

公式Twitter

公式Instagram

 

 

 

トップスポンサー
OSG 株式会社アツミテック
プラチナスポンサー
TOPY YAMAZEN 物語コーポレーション 宮川工機株式会社 アツミモータース 有楽製菓 SALA タケショウ EGOZARU ARROWS オノコム トーヨーメタル株式会社 イマダ
スポンサー 一覧

ページトップへ戻る