MENU

三遠ネオフェニックス

SAN-EN NEOPHOENIX

MENU
HOME > ホームタウン活動 > サーラグループ プレゼンツ チャリティーオークション売上金贈呈式を行いました

サーラグループ プレゼンツ チャリティーオークション売上金贈呈式を行いました

いつも熱いご声援をありがとうございます。

2021年6月9日(水)から13日(日)まで、サーラグループさまと共同で行った「サーラグループ プレゼンツ チャリティーオークション」の売上金を東三河地域の児童福祉への支援活動にお役立ちいただけるよう公益財団法人豊橋善意銀行さまへ寄附を行いました!


贈呈式では、公益財団法人豊橋善意銀行 常務理事の中神 真さま(左)にお越しいただき、株式会社サーラコーポレーション コーポレートブランディング推進部部長の川島 利直さま(中)とフェニックス代表の北郷より目録をお渡しさせていただきました。


株式会社サーラコーポレーション(https://www.sala.jp/)川島部長からは冒頭、このオークションに多くの方が賛同してくださり、ご参加してくださったことに感謝の言葉をいただきました。


続きましてフェニックス代表の北郷からは、共同で実施してくださったサーラグループさまへの感謝が述べられ、この事業を通じて関わることが出来た地域の子どもたちが、将来大人になった時にまたフェニックスと共に豊橋や東三河を元気にしていきたいと継続的に支援していきたいと抱負が述べられました。


豊橋善意銀行の中神常務理事からは、両社へ感謝のお言葉を頂戴いたしました。豊橋善意銀行としても今後も子どもたちの未来のために活動を続けていきたいと強い思いを述べられました。


最後に今回のチャリティーオークションの売上金348,828円の目録が贈呈され、記念撮影を行いました。
※記念撮影時のみマスクを外しております。

今後も三遠ネオフェニックスは、「三遠地域を笑顔で活力ある街に!」という経営理念を実現するべく、ステークホルダーの皆さまとともに活動を続けてまいります。

 

◆寄付先について

豊橋善意銀行は、1964年7月に愛知県下では4番目となる形で設立されました。
地域の皆様の善意を福祉に結ぶ「善意のかけ橋」として、「寄付金の受入と活用」「物品の受入と活用」「ボランティア登録と連絡斡旋」等を通じ、「交通遺児奨学金事業」など福祉の分野で様々な活動を進めています。

http://toyohashi-zengin.com/

 

関連する記事

ページトップへ戻る