12/12は新潟アルビレックスBB戦!三遠ネオフェニックスのシーズン第13節

bg01.jpg

bg01_sp.jpg

icon_scroll.png

EVENT INFORMATION試合当日のイベント情報

お子様が楽しめるイベントが満載

今節はNight Fes!
そしてアフロデー復活!!

12月12日(水)開催の今節のメインテーマはNight FES!!そして三遠名物アフロデーが復活!アフロを被ってご来場のみなさまに特典を差し上げます!!さらに平日夜開催限定の飲み放題チケットも販売!この日はぜひアフロを被ってみんなで騒ぎましょう!!

三遠名物!アフロデー復活!

アフロを被ってご来場いただくと、アフロデー限定ステッカーを先着300名様へプレゼント!!

平日ナイトゲーム恒例!飲み放題チケット販売決定!!

ビール・レモンチューハイの飲み放題チケットを会場限定で販売します!飲み放題チケット:¥1,000(税込)
※入場チケットは別途必要です。

三遠三遠ネオフェニックス

VS

新潟アルビレックスBB新潟新潟アルビレックスBB

会場豊橋市総合体育館

 

12.12
[WED]

19:05 tIP OFF
17:00 OPEN

観戦チケット購入

CHECK NEO PHOENIX !!三遠ネオフェニックスのここをチェック!

bg_item05.jpg

bg_item05_sp.jpg

在籍3シーズン目、
キャプテン鈴木達也の
キャプテンシー
身長169cmとプロとしては小柄ながら鍛え上げられた体とスピード、アシスト能力を武器にフェニックスの攻守の要となる司令塔。フェニックス在籍3シーズン目の今季はキャプテンに就任。チームの勝利のために覚悟をもって戦いに臨む姿は、仲間と観る者にエナジーを注ぐ。昨シーズン終盤に負った左肩の怪我の影響で開幕戦から欠場が続いていたが、10月27日の新潟戦で実に181日ぶりにコートに復帰。半年以上ぶりの実戦復帰ながら、誰よりも声を出し、激しいディフェンスでチームを鼓舞する姿に、多くのブースターは心が震えたことだろう。キャプテンの復帰こそが、新たな不死鳥伝説の始まりだ。

鈴木達也

ディフェンス→リバウンド→
トランジションという
フェニックス伝統のチームバスケット
1965年のOSGフェニックス創部以来、53年の歴史の中で、チーム全員でファイトするディフェンスとオフェンスで日本リーグ、JBL、bjリーグと駆け抜けてきた。
そして、B.LEAGUE初年度より指揮をとる藤田ヘッドコーチの3シーズン目となる2018-19シーズン、「Together&Execute(共に&遂行する)」という価値観はより浸透し、フェニックスの歴史と伝統、これまで積み上げてきた経験の上に、今シーズンのスローガン【EDGE】を加え、リーグ随一の「チーム力」で熱く激しい60試合を戦い抜いていく。
新加入選手たちのアグレッシブさ
2017-18シーズン終了後に、フェニックスを長らく支えてきた選手が引退や移籍となり、フェニックスの新たな生まれ変わりを予感させていた。その予感を歓喜に変えてくれるであろう新加入選手が、寺園脩斗、長谷川智伸、渡邊翔太、菅野翔太の4名だ。名門高校、大学を卒業し、社会人を経験してからのプロ入り。トップクラブを渡り歩いてきた実績十分のプレイヤー。B2からの加入と経歴は多種多様だが、全員がフェニックスで「やってやる」と意気込んでいる。彼らがコートに出たときは、パスやシュートはもちろんだが、ディフェンスで、リバウンドで、ルーズボールで見せる戦う姿こそが彼らの真骨頂だ。

GAME PREVIEW対戦の見所

リーグNo.1のスコアリングモンスターを食い止めろ!

B.LEAGUE3年目。チームの伝統である「ディフェンス→リバウンド→トランジション」というチームバスケットを貫くも、苦しんだ序盤戦。そこに#1 ジョシュ・チルドレスという強力な新戦力を加え、これからの戦いから目が離せないフェニックス。


今シーズン初の平日開催となる今回の相手は、新潟アルビレックスBB。bjリーグから続く熾烈な争いを繰り広げてきたライバルだ。
今シーズンはすでにアウェーで3試合対戦しており、フェニックスは1勝2敗とここまで負け越している。

新潟のキープレーヤーは何といっても#54 ダバンテ・ガードナーだ。
身長203cmと外国籍選手としては大きくはないが、体重132kgと巨漢ながら柔らかな身のこなしとシュートタッチを持ち合わせ、昨シーズンの得点王であり、今シーズンも得点王争いのトップに君臨している。彼を起点としたピック&ロール、ユーロステップからのシュート、体を預けてファウルを誘ってのバスケットカウントは、Bリーグ全体を見渡してもアンストッパブルな存在だ。

また、日本バスケ界の顔の一人、#7 五十嵐圭も38歳ながら、ここまで1試合平均33分以上の出場で11得点以上する衰えしらずの存在だ。
五十嵐・ダバンテのホットラインだけではなく、池田、上江田、鵜沢など3Pの名手がそろっており、インサイドの#34 ラモント・ハミルトンも重量級の選手ながらシュートが上手い選手だ。 11月18日時点で、12勝5敗とフェニックスが所属する中地区の1位をキープしている。悲願のチャンピオンシップ出場を狙っている新潟としては、「負けたくない」と強い気持ちで乗り込んでくるだろう。

対する我らがフェニックスは、2シーズンぶりに電撃復帰した#1 ジョシュ・チルドレスの活躍に期待したい。
今シーズンのルールにより、外国籍選手3名と契約しているフェニックスは、2名しか登録できない毎試合を状況に合わせて組み合わせている。 チルドレスが出場しない可能性もあるが、ブースターの期待は「チルドレス vs. ガードナー」だ。11月17日の復帰戦ではいきなり30得点をたたき出したチルドレスとリーグNo.1のスコアリングモンスター ガードナーとの対決は、バスケファンにとっては見逃せない対決だ。
もちろんチルドレスが出場しなくとも、#2 ロバート・ドジャー、#45 ウィリアム・マクドナルド、そして日本代表候補#8 太田敦也のビッグマンたちが、インサイドの支配権を握ってくれるはずだ。

フェニックスが頂点を目指していくためにも同じ中地区の新潟を倒さねば道はない。ここまで分が悪い状況だが、ここで流れを変える大きな勝利を掴み取りたい。

Bリーグ初年度にフェニックスブースターの心を鷲掴みにしたチルドレス。まだ観たことがない人も、会場に来ればチルドレスの華麗なプレーに酔いしれることだろう。彼の一挙手一投足を見逃すな!

もっと見る

TICKET INFORMATIONチケット・会場情報

三遠三遠ネオフェニックス

VS

新潟アルビレックスBB新潟新潟アルビレックスBB

会場豊橋市総合体育館

 

12.12
[WED]

19:05 tIP OFF
17:00 OPEN

観戦チケット購入

豊橋市総合体育館

座席・価格のご案内

座席・価格のご案内

  • プレミアムシート(①H、②A)
  • ダイヤモンドシート(③H、④A)
  • プラチナシート1列目(⑤ホームベンチ裏、⑥アウェーベンチ裏、⑦ゴールエンド H、⑧ゴールエンド A、⑨ベンチ向かい H、⑩ベンチ向かい A)
  • プラチナシート2列目(⑪ホームベンチ裏、⑫アウェーベンチ裏、⑬ゴールエンド H、⑭ゴールエンド A、⑮ベンチ向かい H、⑯ベンチ向かい A)
  • プラチナシート3列目(⑰ホームベンチ裏、⑱アウェーベンチ裏、⑲ゴールエンド H、⑳ゴールエンド A)
  • センター指定席(㉑ベンチ裏、㉒ベンチ向かい)
  • 1階指定席(㉓ホームベンチ裏、㉔アウェーベンチ裏、㉕ベンチ向かい H、㉖ベンチ向かい A)
  • 自由席(1,2階共通)
  • 団体優先エリア ※団体観戦申し込みがない場合、自由席として開放いたします
座種 当日価格 前売価格
一般 Bリーグ会員(スマチケ限定)
※オンライン限定
TEAM83会員
※オンライン限定
プレミアム
※(H)側 選手入場時ハドル参加権
※試合終了後ハイタッチ参加権
¥14,000 ¥13,000 ¥12,500
ダイヤモンド
※選手入場時に選手とハイタッチ
※試合終了後ハイタッチ参加権
¥8,500 ¥8,000 ¥7,500
プラチナ1列目
※試合終了後ハイタッチ参加権
¥6,000 ¥5,500 ¥5,000
プラチナ2列目
※試合終了後ハイタッチ参加権
¥5,500 ¥5,000 ¥4,500
プラチナ3列目
※試合終了後ハイタッチ参加権
¥5,000 ¥4,500 ¥4,000
センター指定席 ¥4,500 ¥4,000 ¥3,500
1階指定席 大 人 ¥3,500 ¥3,000 ¥2,900 ¥2,500
小中高 ¥2,500 ¥2,000 ¥1,900 ¥1,500
自由席
(1,2階共通)
大 人 ¥3,000 ¥2,500 ¥2,400 ¥2,000
小中高 ¥2,000 ¥1,500 ¥1,400 ¥1,000

アクセス情報

<所在地>
豊橋市神野新田町字メノ割1-3
<アクセス>
JR及び名鉄豊橋駅東口バス乗り場7番乗り場から「総合スポーツ公園」行きで20分
「総合スポーツ公園」下車

※臨時バスの運行有り。詳細は各試合ごとにお知らせいたします

バスの時刻表(豊橋駅発)はこちら
バスの時刻表(総合スポーツ公園発)はこちら

<駐車場>
約800台:無料

駐車場のご案内

※試合によっては駐車場位置が変更になる可能性がございます。来場前に必ず各試合情報をご確認ください。

ENJOY PHOENIX三遠ネオフェニックスのホームゲームお楽しみポイント

アリーナグルメを楽しもう!

三遠ネオフェニックスの「アリーナグルメ」は、会場の内外に複数出店していて、どれを食べても絶品の品ばかり!三遠地域の食材を取りそろえた「三遠ネオフェニックス楽市」をはじめ、定番の焼きそば、オムそば、唐揚げに、ふわっふわのたまごサンドやスイーツなどより取り見取り!!!会場内にも多数出店しているので、天候に左右されずに買えるのがGood!

チームグッズをゲットしよう!

昨シーズンからチームのウェアサプライヤーを務める若者やストリートで人気のブランド「EGOZARU」が今年も公式グッズをプロデュース!応援グッズ定番のTシャツやマフラータオルはもちろん、今シーズンはトートバッグやオリジナルタンブラーなど、普段使いできるアイテムが続々と新登場!ぜひ会場で売り切れる前にゲットしよう!

演出・パフォーマンスを楽しもう!

プロバスケットボールの醍醐味は何といっても屋内のアリーナスポーツなので、様々な演出やパフォーマンスが楽しめること!
試合開始前には会場が真っ暗になり、ライトや音楽などのド派手な演出はまるでライブ会場のよう!そこにスポットライトを浴びて登場するのは三遠ネオフェニックス公式チアリーダー「Fire Girls」!彼女たちのキュートでパワフルなパフォーマンスは、三遠ネオフェニックスの魅力の一つ。彼女たちは試合中も座席の近くまで来てくれて、一緒に応援してくれるのも楽しみ!

迫力の試合を楽しもう!

三遠ネオフェニックスが所属するBリーグは、まさに国内最高峰。
ド派手なダンクシュートや3ポイントシュート、華麗なパス回し、鋭いドリブルなど迫力満点、スピード感あふれるプレーが目まぐるしく展開される。そして、バスケットボールは引き分けのないスポーツ。試合終了のブザーがなるその瞬間まで目を離すな!

三遠三遠ネオフェニックス

VS

新潟アルビレックスBB新潟新潟アルビレックスBB

会場豊橋市総合体育館

 

12.12
[WED]

19:05 tIP OFF
17:00 OPEN

観戦チケット購入

ABOUT SAN-EN NEO PHOENIX三遠ネオフェニックスとは

ヨーロッパの伝承にも登場する永遠の時を生きるという伝説上の鳥”不死鳥”。

チーム名にある『フェニックス』はチーム創設時の『OSGフェニックス』からbjリーグ『浜松・東三河フェニックス』を経て『三遠ネオフェニックス』へと受け継がれた。この『フェニックス』には「決してあきらめず勝利に向かって飛び続ける、不死鳥のように…」との願いが込められている。

また、『ネオフェニックス』の「ネオ」はギリシャ語で「新しい」を意味し、これまでの不死鳥は新たに再生を遂げ、バスケットボール界の新たな時代を力強く羽ばたいていくという決意が表れている。このチームを通じて本拠地、『三遠』という愛知県東三河地域と静岡県遠州地域の架け橋となり、共にスポーツを通じて成長し合うことを目指す象徴ともなる。

2018-19 SEASON TEAM SLOGAN 勝利に必要な鋭さを追い求めろ!

2017-18シーズンは、皆さまに本当に悔しい想いをさせてしまいました。
チームとしての約束事を遂行できた場面もありましたが、怪我に悩まされ、接戦を勝ちきれず、チャンピオンシップ出場を逃してしまいました。

悔しさを晴らすためにも、皆さまと喜びを分かち合うためにも必要なモノを考え抜いた結果、2018-19シーズンのチームスローガンを【EDGE ~勝利に必要な鋭さを追い求めろ!~】としました。
【EDGE】という言葉には、「刃」「鋭さ」「切れ味」「激しさ」「強み」「接戦をものにする」という意味があります。
様々な意味がありますが、我々が掲げる【EDGE】とは、 試合の終盤や大切な場面、流れが悪い場面などで、ルーズボールで、ディフェンスで、リバウンドで、 腕をあと一伸ばし出来る、あと一歩出せる、あと1cm、1mm、とエナジーを出し切れる力を指しています。

決してあきらめず勝利に向かって飛び続ける不死鳥の名に恥じぬ姿を、 クラブ一丸となってこの言葉を胸に刻み、常にコート上で表現していきます。
そして、このスローガンのもと、2018-19シーズンをブースターの皆さまと一緒に戦っていきたいと思います。

三遠三遠ネオフェニックス

VS

新潟アルビレックスBB新潟新潟アルビレックスBB

会場豊橋市総合体育館

 

12.12
[WED]

19:05 tIP OFF
17:00 OPEN

観戦チケット購入