MENU

三遠ネオフェニックス

SAN-EN NEOPHOENIX

MENU
BASKETBALL

BASKETBALL

HOME > バスケットスクール > ファイブスターの特徴
 

ファイブスターの特徴

ファイブスターならではの特別な指導

ファイブスターバスケットボールプログラムでは通常行っている育成プログラムだけでなく、アローズジム監修のもと科学的な視点でスクール生の成長を記録しています。また、サマーキャンプや海外遠征などを通して人間力の向上や、世界を夢や目標にできる環境を整えています。

段階的なプログラム

育成のプロフェッショナルである講師が
最新プログラムを導入

フェニックス ファイブスター バスケットボール プログラムという名称は、「Five Star = 一流の、最高級の」、「バスケットボールは5人がコート上でチームとなって戦うスポーツ」に由来しています。さらにプログラム(練習)の中で技術やコンセプトを5つのポイントにまとめて紹介する形をスタイルにしています。例えば、オフェンスのスキルカテゴリーや、ディフェンスのスキルカテゴリーを5つに分ける。その中で、各カテゴリーのスキルを上達させる。また、各練習の流れも5つのパーツに分けて行うなど、成長期の子供たちの心技体全てを向上させるプログラムを組み立てています。また、キッズクラス以上の各クラスでは年に2回のシューティングテストを実施しスキルの上達をチェックします。

スクールプログラム一例

アローズジム × ファイブスター

科学的なデータを活用し、世界で戦う選手を輩出することを目標とします

アローズジャパン株式会社(静岡県浜松市)

アローズジャパンは、運動能力の向上を担当する「スポーツ才能開発部」、選手やスポーツを科学的な視点から捉える「スポーツ医科学研究部」、スポーツ傷害の予防・治療を担当する「スポーツメディカル部」の3部門を柱に、先進的なスポーツサポートを展開しており、パートナーとして互いにサポート体制を整えていきます。

今後のバスケットボールを担うであろうジュニア世代の競技者に対して、スポーツ医科学サポートを行います。ジュニア世代から科学的なデータを活用することで、将来フェニックスで活躍し、日本代表として世界で戦う選手を輩出することを目標とします。

キッズクラス以上の各クラスでは、三遠ネオフェニックストップチームも行うアローズジム監修のスポーツドックを年2回実施し、お子様の運動能力を先進的な視点でサポートします。

測定結果データ表

スポーツドックの様子

サマーキャンプ

毎年、愛知県北設楽郡にある東栄町にて1泊2日のサマーキャンプ(合宿)を行っています。(応募制)

 

対象はキッズ、ビギナー、レギュラークラスと東栄町の子どもたち。

楽しくバスケットを学び、様々なアクティビティを通じて所属クラス以外の友達ができます。
お子さまの素敵な夏の思い出に。

海外との取り組み

2016年夏にFIBA世界ランキング3位のオーストラリアから育成プログラムの中心人物をゲストコーチとして招聘し、三遠地域の子どもたちを対象にバスケットボールクリニックを開催しました。
それがオーストラリアバスケットボール協会に評価され、西オーストラリア州のバスケットボール選手権大会からファイブスターとして正式に出場の招待を受け、2016年12月に初の試みとなる男子U14選抜チームで遠征を行いました。
今後も色々な国との取り組みを継続する予定です。

無料体験実施中

ファイブスター バスケットボール プログラムでは無料体験を実施しています。お一人様2回まで体験可能です。

無料体験を希望される方は、フォームに必要事項を入力の上、お申し込みください。

スクールの日程はスケジュールをご確認ください。なお、定員に達しているクラスの体験は受け付けておりませんのでご了承ください。また、募集の有無はクラスのご案内ページをご覧ください。

無料体験申し込み
トップスポンサー
OSG
ダイヤモンドスポンサー
株式会社アツミテック
プラチナスポンサー
YAMAZEN 物語コーポレーション 宮川工機株式会社 SALA タケショウ EGOZARU ARROWS
スポンサー 一覧

ページトップへ戻る