MENU

三遠ネオフェニックス

SAN-EN NEOPHOENIX

MENU
スクール

SCHOOL

HOME>スクール>バスケットスクール>ファイブスターについて
 

ファイブスター バスケットボール プログラムとは

ファイブスター バスケットボール プログラムとは

所属チームの練習以外でも技術と知識を高めたい方にピッタリなバスケットボールスクールです。

プロの講師が世界基準で指導を行いますので、今からバスケットを始めたいという方にも最適です。

講師はオーストラリアの育成プログラムに長きに渡り携わった指導のプロ、ネオフェニックスアシスタントコーチの荻野創。
そして女子バスケットボール元日本代表の小畑亜章子の2名がメインとなって心技体全てを丁寧に教えます。

ファイブスター構想図

名称:フェニックス ファイブスター バスケットボール プログラム

【Five Star = 一流の、最高級の】

「バスケットボールは5人がコート上でチームとなって戦うスポーツ」に由来しています。さらにプログラム(練習)の中で技術やコンセプトを5つのポイントにまとめて紹介する形をスタイルにしています。

オフェンス、ディフェンスのスキルを5つに分け、各カテゴリーのスキルを上達させる。また、各練習の流れも5つのパーツに分けて行うなど、育成のプロフェッショナルである荻野と小畑が成長期の子供たちの心技体すべてを向上させるプログラムを組み立てています。

活動理念

ファイブスターバスケットボールプログラムは、スポーツを通じて子供たちの人間力を高め、地域から世界で活躍する人材を輩出し、個人そして地域の豊かな生活の創造に貢献します。
また、行政及び各団体様と協力しながら、健康で文化的な社会生活の基盤となる生涯スポーツの普及、ならびに家族の幸せに貢献します。

活動方針

理念に基づく取り組みにおいて以下の活動が重要と考えています。

1.キッズ世代からトップチームまでの一貫指導
競技レベルに関係なく、基本となる考え方に基づき一貫した指導を行います。
2.考え・動く力を育てる
自らが状況判断をしプレーすることで、自主的に考え・動く力を身につける。
3.スポーツと科学の融合
キッズクラス以上では、三遠ネオフェニックストップチームと同じアローズジム監修のパフォーマンステストを実施し、運動能力を先進的な視点でサポート。
4.人間力を高める
将来豊かな人生を歩んでいけるよう、心技体の全ての向上を目指す指導。コート内では一部英語指導を取り入れることにより、国際的な感覚を養う。
5.普及と地域貢献
経験者のみならず、未経験者も楽しめるプログラムの実施。また、オフシーズンには講師・プロ選手による幼稚園・学校訪問で地域の青少年育成に貢献。

講師

荻野 創Ogino Hajime

荻野 創
【経 歴】
2005-2008
西オーストラリア選抜代表チーム U16男子 アシスタントコーチ
2000-2008
オーストラリア選抜育成強化プログラム アシスタントコーチ
2007-2008
イーストパースイーグルズ(SBL-西 豪州プロリーグ アシスタントコーチ
2011-
クラッシャー(東野 智弥)バスケットボールキャンプ アシスタントコーチ
2013.3-2016
浜松・東三河フェニックス アシスタントコーチ兼通訳
2016-
三遠ネオフェニックス アシスタントコーチ兼スクールディレクター
【資 格】

JBA公認B級コーチライセンス

小畑 亜章子Obata akiko

小畑 亜章子
【経 歴】
2000-2011
WJBL デンソーアイリス
2005-2009
日本代表選出
2012
皇后杯準優勝
2014
筑波大学大学院卒業
【資 格】

JBA公認B級コーチライセンス
ボールで遊ぼうマイスター

ファイブスターならではの特別な指導

① 段階的なプログラム

育成のプロフェッショナルである講師が
オーストラリアの最新プログラムを導入

フェニックス ファイブスター バスケットボール プログラムという名称は、「Five Star = 一流の、最高級の」、「バスケットボールは5人がコート上でチームとなって戦うスポーツ」に由来しています。さらにプログラム(練習)の中で技術やコンセプトを5つのポイントにまとめて紹介する形をスタイルにしています。例えば、オフェンスのスキルカテゴリーや、ディフェンスのスキルカテゴリーを5つに分ける。その中で、各カテゴリーのスキルを上達させる。また、各練習の流れも5つのパーツに分けて行うなど、育成のプロフェッショナルである荻野と小畑が成長期の子供たちの心技体全てを向上させるプログラムを組み立てています。また、年に2回のシューティングテストを実施しスキルの上達をチェックします。

スクールプログラム一例

② アローズジム × ファイブスター

科学的なデータを活用し、世界で戦う選手を輩出することを目標とします

アローズジャパン株式会社(静岡県浜松市)

アローズジャパンは、運動能力の向上を担当する「スポーツ才能開発部」、選手やスポーツを科学的な視点から捉える「スポーツ医科学研究部」、スポーツ傷害の予防・治療を担当する「スポーツメディカル部」の3部門を柱に、先進的なスポーツサポートを展開しており、パートナーとして互いにサポート体制を整えていきます。

今後のバスケットボールを担うであろうジュニア世代の競技者に対して、スポーツ医科学サポートを行います。ジュニア世代から科学的なデータを活用することで、将来フェニックスで活躍し、日本代表として世界で戦う選手を輩出することを目標とします。

ビギナークラス以上の各クラスでは、浜松・東三河フェニックストップチームも行うアローズジム監修のパフォーマンステストを年2回実施し、お子様の運動能力を先進的な視点でサポートします。

測定結果データ表
パフォーマンステストの様子
パフォーマンステストの様子
パフォーマンステストの様子

無料体験実施中

ファイブスター バスケットボール プログラムでは無料体験を実施しています。お一人様2回まで体験可能です。

無料体験を希望される方は、フォームに必要事項を入力の上、お申し込みください。

スクールの日程はスケジュールをご確認ください。なお、定員に達しているクラスの体験は受け付けておりませんのでご了承ください。また、募集の有無はクラスのご案内ページをご覧ください。

無料体験申し込み

入会方法

無料体験時に入会申込書をお渡しさせていただいております。お一人様2回まで体験可能ですので、まずは無料体験にお申し込みください。

休会について

  • ・休会を希望される方は休会月の前月10日までに休会届を担当コーチに提出するか、FAXまたは郵送にて事務局にお送りください。
  • ・休会の期間は1ヶ月以上3ヶ月以内とし、休会期間が経過した際は自動的に復会することとします。
  • ・前月10日までに届出がない場合は、システムにより自動的に翌月分の引き落とし処理を行うため、返金いたしかねます。
  • ・怪我などの理由で本スクールが休会の必要性を認めた場合はこの限りではありません。
  • ・怪我で休会をする際は、医師からの診断書を提出していただく可能性がございます。
  • ・休会から復帰した時点より、月謝が発生するものとします。

退会について

退会する月の前月10日までに退会届を担当コーチもしくは、FAX、郵送にてご提出ください。
提出後、月末にて退会となります。

前月10日までに退会届の提出がない場合や10日を過ぎてしまった場合でも月末での退会は可能ですが、システムにより自動的に月謝引落を行うため、引き落とされた月謝は返金いたしかねます。

各種ダウンロード

●お問い合わせ

株式会社フェニックス 担当:FBP事務局
所在地:〒441-1231 愛知県豊川市一宮町下新切45-47
TEL:0533-81-2293 FAX:0533-93-0084(土・日・祝日は試合などで不在が多くなります。)
E-mail:school@neophoenix.jp

トップスポンサー
OSG
プラチナスポンサー
YAMAZEN 物語コーポレーション SALA F.C.C. タケショウ 宮川工機株式会社 SPALDING
スポンサー 一覧