MENU

三遠ネオフェニックス

SAN-EN NEOPHOENIX

MENU
ニュース

NEWS

HOME>ニュース>【試合情報】11/11,12、アウェー・名古屋ダイヤモンドドルフィンズ戦!

【試合情報】11/11,12、アウェー・名古屋ダイヤモンドドルフィンズ戦!

連敗脱出に挑む名古屋Dと早くも再戦。自滅から2敗を喫した第4節の雪辱を果たせ!

1508669704411-974b0c4129f505d2f91de6b0-315967-original.jpg

 前対戦から3週間。早くも今季2度目の愛知ダービーが実現し、今節もアウェー愛知県体育館にて名古屋Dに挑む。第4節の対戦成績は悔しい連敗。GAME1は出だしから連続ターンオーバーと後手に回り、最大26点差を猛追して同点にまで追いつくも逆転叶わず敗戦。GAME2は第1Qこそイニシアチブを取るが、第2Qに大量失点し逆転リードを許して黒星。両日とも、フェニックスの強みであるディフェンスとディフェンスリバウンドが機能せず課題を多く残す結果となった。
 同じ轍を踏んではいけない今節のカード。名古屋Dも4連敗中で4勝9敗と大きく負け越しているだけに、前戦以上に高いエナジーで挑んでくるのは想像に容易い。リーグ屈指の攻撃力を持つ名古屋Dのオフェンスがリズムに乗り切る前に、フェニックスは堅いディフェンスから主導権を取り、アップテンポなオフェンスで得点を重ねていきたい。
 勝利へのカギはやはりディフェンスだ。現在、3Pシュート成功率47.9%でリーグ1位のブラッキンズ選手をはじめ、名古屋Dには外国籍、日本人選手ともに3Pシューターが揃っており、一瞬の隙を逃さず高確率のロングショットを放ってくる。また、PG笹山選手を起点にしたピック&ロールからの素早い連係も脅威であり、前対戦ではディフェンスを大きく崩され、中・外の両方で得点を量産された。脚を使った意地の堅守でタフショットに導き、リバウンドを取り切ることが今節も何より重要となる。チームに合流したばかりでまだアジャストし切れてはいないが、ブラックレッジのゴール下での奮闘とランニングプレーにも期待を置きたいところだ。
 ただ、今節も、守備の要の岡田が負傷の大事をとって欠場。そして、残念ではあるが、攻守で調子の良さを発揮していた川嶋も右足の負傷により欠場。チーム事情はより厳しくなっている。そこでこの穴を埋めるために期待がかかるのが、岩田だ。前々節の滋賀戦から少しずつプレータイムを得、今こそワンステップ上がる時。チームのピンチを自身のチャンスにも変え、ポテンシャルを大いに発揮して、同世代が多く揃う名古屋Dにアグレッシブに挑んでほしい。

試合情報

B.LEAGUE 2017-18 B1リーグ戦 第8節
名古屋ダイヤモンドドルフィンズvs.三遠ネオフェニックス

日程:11月11日(土)14:05試合開始
   11月12日(日)14:05試合開始
会場:愛知県体育館

 

2017-18シーズン対戦成績

vs.名古屋D 今季通算:0勝2敗
10月21日(土) 名古屋D ○ 89-81 ● 三遠
10月22日(日) 名古屋D ○ 91-83 ● 三遠

 

放送予定

◆テレビ/テレビCS中継

▼「スカパー!Bリーグ」詳細はこちら
https://sports.skyperfectv.co.jp/bleague/

 <GAME1>

時間 放送局 備考
11日(土)14:00 スカパー!オンデマンド ※LIVE配信
11日(土)14:00 スカチャン1 スカパー!BS801
プレミアムサービスCh.581
※LIVE配信

 

<GAME2> 

時間 放送局 備考
12日(日)14:00 スカパー!オンデマンド ※LIVE配信
12日(日)14:00 スカチャン1 スカパー!BS801
プレミアムサービスCh.581
※LIVE配信

 

◆ネット中継

 両日:スポナビライブ

▼チャンピオンシップまで見放題!お得なシーズンパス販売中!
slide04.jpg

 

 

★NEXT HOMEGAME★
▼11/18,19、大阪エヴェッサ戦当日スケジュール

slide09.jpg

▼大阪戦は「ALLAICHI2017」同時開催!
ALLAICHI.jpg

 

▼Bリーグチケットでの観戦チケット購入はこちら
B.LEAGUEチケット.jpg

▼20名以上での観戦なら、団体観戦チケットがお得!
slide07.jpg

▼その他チケット情報はこちら
ticket.jpg

RELATED

関連ニュース

トップスポンサー
OSG
プラチナスポンサー
YAMAZEN 物語コーポレーション F.C.C. 宮川工機株式会社 SALA タケショウ EGOZARU ARROWS
スポンサー 一覧